ScionはFR-Sをより多くの技術で2016年に更新しますが、ターボチャージャーはどこにも見つかりません - 車 - 2019

Anonim

Scionは、2016年モデルのためにFR-Sに時間的にマイナーな改良を加えました。

大部分のアップグレードは、FR-Sが音声認識技術を特徴とする全く新しいインフォテインメントシステムの恩恵を受けている場所にあります。 システムの中心的なコンポーネントは、新しく標準的なリアビューカメラによって送信された画像も表示する7インチタッチスクリーンです。

新しいインフォテインメントシステムは、ステアリングホイール、センターコンソール、ダッシュボード上のより強力なステレオと明るいシルバーアクセントで補完されています。 FR-Sには、2つの新しい色、赤色のAblazeと青色の吹き替え型Oceanicが追加されています。

残念なことに、ターボチャージャーのFR-Sの噂はまだ現実化されておらず、クーペは大きな機械的修正なしで続けられる。 そのSubaru-badgedツインのように、FR-Sは、6, 400rpmで7, 000rpmと151ft-파운드の200馬力にする2.0リットルのフラット4エンジンを使用しています。

6スピードのマニュアルトランスミッションを介して後輪に動力が送られますが、クラッチレスのバイヤがバイクを希望する場合は、シフトパドルで6スピードの自動ギヤボックスを特別価格で注文することができます。 3つのペダルを装備したFR-Sは、わずか6秒で0〜60mphのスピードで走ります。

2016年のScion FR-Sは、数週間後に全米で販売される予定で、最初の例は6月上旬に販売店のロットに着陸する予定です。 出すモデルよりも若干高価なクーペは、6スピードのマニュアルトランスミッションで注文すると25ドル、305ドルの基本価格を、6スピードのオートマチックでは26ドル、405ドルを払う。 これらの数字は、770ドルの宛先料金を必須としていません。

次は何ですか?
何年もの間、Scionはハイブリッド、ターボモデル、コンバーチブル、さらにはセダンを含むFR-Sオフショットの長いリストを作成するという噂がありました。 同社はコストの理由からコンバーチブルとセダンの両方を断念しているが、FR-Sの生産が終了する前に、ガソリン電気のドライブトレインがラインアップに加わる可能性がある。