三菱のランサー進化は、アウトランダースポーツベースのクロスオーバーに変身する可能性がある - 車 - 2019

Anonim

三菱自動車は、ランサーエボリューションをFinal Editionと呼ばれる限定版モデルで派遣する準備を進めており、すぐに象徴的なスポーツセダンが交換されないことを確認した。 しかし、象徴的なネームプレートはまだ死んでいないし、会社のボス相川哲郎は、それを着用する次のモデルは、おそらく高性能オフロードカーであることを示唆している。 XR-PHEV IIコンセプト(写真)でジュネーブで正確に先月プレビューされた第2世代のアウトランダースポーツをベースとする。

具体的な技術的な詳細はまだまだ少なく、英国の雑誌Autocarには、強力なガソリン電気プラグインハイブリッドドライブトレインが搭載されていることが伝えられている。

実用的なルーツにもかかわらず、アウトランダースポーツベースのエボは、スピリチュアルな前身から継承された軽快で、軽快で、速いクオリティです。 SUVには、三菱のPikes Peakレーシングプログラムから集められた技術が満載さ​​れます。

エボはアウトランダースポーツのために、ランサーにとって現在の進化論であるため、深いフロントバンパー、サイドスカート、エアディフューザー、エアーディフューザー、大きなスポイラーが戻ってくる。 Evo特有のビットとピースが全体的な外観に仕上げのタッチを加えます。

エボが研究と開発のコストをカバーするのに十分な標準的なアウトランダースポーツの例を販売しているならば、エボだけが日の光を見ることを公然と認めているので、当分はすべてが純粋に架空です。 第2世代のスポーツは今年後半に公開される見込みだが、来年末までにショールームに到着する予定だが、エボは2018年になるとすぐに到着する予定ではない。