マクラーレンは540Cよりエントリーレベルのものは何も建設しないだろう、そしてそれは良いことだ - 車 - 2019

Anonim

McLaren 570Sは、先月ニューヨークインターナショナルモーターショーで明らかにされた時までに非常に予期されていたが、わずか数週間後の縮小版、540Cの導入は驚くべきことであった。

650Sのダイヤルバック版である625Cと同様、540Cはより快適な乗り心地を念頭に置いて設計されています。 しかし、625Cとは異なり、540Cは世界規模で提供されているため、ブランドの本格的なエントリーレベルのモデルとなっています。

540Cがまだマクラーレンであることを考えると、「エントリーレベル」の指定はその部分の合計からは程遠いです。 一方で、539馬力、398ポンドフィートのトルクバージョンの3.8リッターツインターボチャージャーV8を570Sから、カーボンファイバーシャシーと滑りやすい滑らかなボディ。 パフォーマンスは570Sほど狂気ではないかもしれませんが、540Cはまだ3.5秒で60mphまでロケットを打ち、199mphで打ち上げることができます。

実際、マクラーレンが540Cを下回り、アウディR8やポルシェ911のような車を取るモデルを作ろうとしているのかどうか疑問に思っている人もいます。マクラーレン・オートモーティブのグローバルコミュニケーションディレクター、 Wayne Bruce(ブルース・ウェインではない)は、540Cモデルが来ないと述べました - 少なくとも近い将来はそうではありません。

大量生産の帆布にならないことや、炭素繊維のようなマクラーレンのコアコンポーネントの大部分のコストが高いことを挙げて、ブルース氏は、165, 000ドルよりも性能と価格が低いモデルが意味をなさないと述べた。 フェラーリの主張によると、マクラーレンは生産を制限して排他的なものにするとしているが、マクラーレンは全員とその母親がスポーツカーを所有することを望んでいないようだ。

しかし、ねえ、中古車市場はいつもあります。